初心者にもオススメ!手入れがしやすいアンティーク家具の特徴

繊細な作りの家具を選ばない

凝った装飾が施されたアンティーク家具は見た目も非常に美しく、思わず目を惹かれるでしょう。しかしお手入れが難しいので、初心者の方にはお勧めしません。マホガニーやウォールナットといった木材を使った繊細な彫刻が入った椅子などは、選ばないようにしましょう。

また、マホガニーやウォールナットといった木材はフレンチポリッシュという塗装が施されています。フレンチポリッシュは伝統的な塗装で、古い時代から使われているシェラックニスという塗料を用いています。この塗料は熱や紫外線に弱いので扱いに注意しなければいけません。

初心者にお勧めなのは、オーク家具です。オーク家具はフレンチポリッシュを使用していないので、比較的メンテナンスが簡単です。日頃からこまめに布巾で乾拭きしたり、ワックスで磨いておけば長く使うことができます。

害虫や反りをしっかりとチェックする

アンティーク家具を買う時に注意したいのが、害虫によるダメージを受けていないか、という点です。家具の足元や裏を必ずチェックし、害虫によって穴が開けられていないかを確認しましょう。事前のチェックを怠りアンティーク家具を買ってしまうと、後でメンテナンスが大変になります。家具によってはパテなどで修復されているものもありますが、虫食いが多いと壊れやすくなっているので避けた方が良いでしょう。

また、虫食い以外にも反りに注意してください。反った家具は使いにくくお手入れもしづらいです。例えば、キャビネットの扉の枠が反った状態だと、扉がうまく閉まらないといったトラブルが起きる場合があります。反りを修復するのは難しいので、きちんとチェックしてください。